読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳.WEB

雑多なことを雑然と。

迷惑をかけながら生きていく

雑記

 

人を困らせるのが好きだ。

 

こう言うと「何?小悪魔宣言?ワロスワロスって感じですが、実際人を困らせてなんぼだと思うんですよね。ただし、度が過ぎない程度で。

 

僕は人と話す仕事をしています。お話を聞くのが仕事です。

となると、お話をしてくれる方がいいお客様です。お話をしてくれる方というのは総じて僕を困らせる人です。

よく分からない質問をしてきたり、「高野くんいる?」と指名してきたり、あーしろこーしろ言ったりetc…

僕はまだまだひよっこなので質問に答えるのが苦手です。そうすると調べるしかありません。その場で答えられないときは次回に持ち越します。次回、その質問の話をぶり返すと「何の話だっけ?」的な顔をされます。ちょっと寂しいです。

そんなひよっこなのに、ご指名を受けることが多くなりました。心を閉ざしてる系の老人に大人気です。大人気は言い過ぎですが、小人気くらいです。ご指名されたら頑張るしかありません。せっかく心を開いてくれた方の心を再び閉ざしてしまうのは忍びないのです。

たまに無理難題を言う人がいます。お金が発生しない仕事が発生します。無駄だと分かっていてもやるだけやります。だって売り上げがあってもなくても給料変わらねーもん。でも無理難題を言う人は大抵再来しないんだな、これが。

 

こうして人に困らされている僕ですが、よくよく考えてみると、この人たちのおかげで仕事ができているのです。

あ―しろこーしろいう人は、次にどう動けばいいのか教えてくれます。

指名してくる人は、モチベーションを保たせてくれます。

そして質問してくる人は、勉強する機会を与えてくれるのです。

逆に、特に主張や質問をしてこない人は対応するのは楽ですが、それだけで終わってしまいます。印象に残らない客とでも言いましょうか。

つまりは、なんやかんや言ってくれる人の方がその時は面倒だけど後々役に立つということです。

 

だから僕も人を困らせていきたいです。

今日は閉店間際のラーメン屋に無理を言って入店しました。それはただの迷惑な客ですね。今後は注意します。でも、他の客が落としたケータイを店員と協力して持ち主に返すという謎ドラマが生まれたので良しとしましょう。

あれ…これって…人を困らせる連鎖おきてねーか…?

 

今日のまとめ:類は友を呼ぶ。

 

おわり!