雑記帳.WEB

雑多なことを雑然と。

ちょっとのコトバトルとクソ長いDQⅡの話

DQⅡのCD欲しい。東京佼成のやつ。

「LOVE SONG探して」のポップス加減よ。ジャスコか。

 

どうでもいい話ではあるが、攻略本なしでクリアしたゲームはコトバトルドラクエ2くらいである。コトバトルはそもそも攻略本が存在していなかった。熟語集めが難航しすぎてインターネッツが普及するまで完全攻略が出来なかった。攻略までかかった年数にして約7年。やり込みプレイにも程がある。

 

ドラクエ2はVJ製のしょぼい攻略本を持ってはいたが、役に立たなそうなので使わなかった。思い出深いゲームだ。

f:id:zakkityouweb:20161106200736j:plain←記憶の中のローレ

 

まずサマルトリアの王子が見つからない。しかも名前がクッキーだ。フザケタオセヨ!しかしクッキーのギラの強さに驚く。あの硬いサソリを一発で倒せるのだ。調子に乗ってギラ先輩を連発する。するとどうだ、MPがないではないか。薬草も持っていない。ルーラも使えない。常に死と隣り合わせ。ドラクエ2の醍醐味である。こんなビクビク感はドラクエ2以外で味わったことはない。多分。

f:id:zakkityouweb:20161106200749j:plain←記憶の中のクッキー

 

リア王女が仲間に加わる。お前、犬やんけ――!!そしてクッキーより強かったのだ。

マリアは初期から回復呪文を覚えていた。加えてバギが使える。バギの強さの前ではクッキーのギラなんて屁のようなものだ。

 

以降クッキーは打撃にシフトしていく。しかし当然のことながらローレには敵わない。クッキーの存在意義とは何ぞや…。と思っていた矢先に、ベラヌールにて何やらクッキーに異変が起きた。何?魔王の呪いだ?バカ言えよクッキー、ただの腹痛だろ、HA-HA!クッキーでも食い過ぎたんじゃねぇの!とか思っていたらマジだった。

王女との二人旅である。あいつがいなくても戦況に何ら影響はないっしょ☆と考えていたが、実際戦ってみてびっくり、戦闘が長引くこと長引くこと!うみうし と しびれくらげ が倒せない。いや倒せるが長引く。海が嫌いになる。ドラクエ2でイヤなモンスターと言えばやはりブリザードだが、うみうし と しびれくらげ もかなりいい線いってると思う。あとメンドゥーサ。

 

f:id:zakkityouweb:20161106200758j:plain←記憶の中のマリア

 

それからドラクエ2と言えば探し物である。序盤ではサマルトリアの王子探し。そして紋章探し。炎のほこらには苦戦した。何であんなところに紋章が落ちているのか。水の紋章もそうだ。何でモンスターが持っているのか。紋章とは何ぞや…と本気で考えたあの青春の一ページよ。LOVE SONGも探してましたね。

それから盗賊バコタ探し。ペルポイの町をくまなく探してもいないのだ。困り果てて、「犯人は現場に戻る」と思いテパへ戻ってもいない。ペルポイにとんぼ返りして壁に体当たりしてたら、いた。フザケタオセヨ!この時ほどフザケタオセヨと思ったことはない(過言)。

テパと言えばテパの村にたどり着けなくて泣きそうになったのも良い思い出だ。テパには本当に振り回された。水門のカギに水の羽衣、バコタ、満月の塔…。何だかなぁ…。

 

f:id:zakkityouweb:20161106200717j:plain←記憶の中のドラゴンの塔

 

そんなこんなでたどり着いたロンダルキアの洞窟。落とし穴に泣く。ループ迷路に泣く。曲がり角ミスったらフリダシの道に泣く。そうして洞窟を攻略し、外に出たところで気付く。雷の剣拾ってへんやん!もう一回!!

2度目の探索の末、今度こそ洞窟から出る子孫一行。あたり一面まっ白。建物が見当たらない。仕方がないので一歩歩き出す。魔物さんとエンカウントする。ブリザードギガンテスだ!

「こいつVJのクロスワードの答えのやつじゃん」

と、なめてかかったのが運の尽き。ハイパー強かったのだ。あっという間に倒されるローレとマリア。ローレとマリア。そう、残されたるはクッキーである。今のクッキーじゃ勝てっこないじゃん!!(菊丸)しかしそこは持ち前の運の良さで「にげる」に成功。さすがクッキーさんやで。

地獄のようなロンダルキアを独り行くクッキー。流れる音楽は「果てしなき世界」。何がそんなに楽しいの。

奇跡的にその後はエンカウントせず何とかほこらに到着。おっさんと女性がいた。話しかけたらセーブと回復をしてくれた。え、蘇生は…してくれないんスか…。生き残ったのがクッキーで良かったと思ったのはこの時が初めてであった。ザオラルを覚えててくれてありがと、チュッ♡

 

f:id:zakkityouweb:20161106200724j:plain←記憶の中のブリザード

 

生きるか死ぬかの通常戦闘を繰り返し、ついにハーゴンの城に赴く一行。するとどうか、何やコレ、ローレシアやないかーい!!しかも親父洗脳されとるやないかーい!!と思ったらまやかしでした。全てはまやかし。

城の中へ入ってみると1フロアのみでどうしようもない。

「玉座の十字路で邪心の像をかかげてみんしゃい」

とクッキーが言う(心の中で)。かかげたら階段が出てきました。ロンダルキアに入ってからのクッキーの活躍っぷりは目をみはるものがあるね!

そうこうしているうちに、アトラス、バズズ、べリアルの中ボスとの戦いに。強いがな。途中で引き返すとまた1匹目からやり直しなのではないかという不安に駆られたが、しんどすぎるので一時撤退。別にone more連戦ではありませんでした。FCのみの話だったのか。つくづくGBで良かったと思った。FC版は鬼の所業なのではないか。

 

そしてついにラスボスとのご対面。正直言ってハーゴンのことは覚えていない。なんか魔導士の2Pカラーみたいのだった気がする。そして簡単に倒せた気もする。

「ヤッター、ボクたちハーゴン倒したYO!チェケラッチョ☆」

とかクッキーがぬかし始めたその時、なんとハーゴンがシドーを呼び出したのだ!!慌てふためく一行。そりゃそうだ、もう体力も残ってないのよ。

こうして一度目はボコボコにされ、例のほこらに戻される。全滅したので生き返るのはローレのみ。世界樹の葉の数は0枚。つまりはロンダルキアを出るということ。思い出の地ベラヌールにてクッキーとマリアを甦らせ、葉っぱを拾って、

「さぁ、ロンダルキアへ戻るぞ――!!」

と思いルーラを唱えたら行きつく先はベラヌール。え?ここでセーブしてないじゃん…え…?ほこらに戻らんの…?戻らないんですねー。フザケタオセヨ!

 

f:id:zakkityouweb:20161106200709j:plain←記憶の中のシドー

 

そんなこんなで3度目のロンダル洞をくぐり抜け、再びシドーの元へ。ベホマとかかけてくるけど、もはや気にしない。

「オレたちはあのロンダル洞に3回も潜ったんだ!50回は迷子になった!落とし穴にも落ちた‼骨だって折れたんだ!!それにブリザードには何度も殺られたよ!!下界でもさんざん苦労は経験したんだ!!君に負ける気はしない!!オレたちは勝つために来た‼!」

とクッキーが熱く語り出す!!!!

3人の子孫たちが一丸となり、シドーに最後の刃を向ける!!

 

デデーーン!!

シドー、アウト――――!!!!!!!(藤原)

 

 

こうして世界に平和がおとずれたのでした。

感動のラスト。プレイヤーのHPはほぼ0である。

本来ここで全国各地を回ることができ、今までお世話になった人々の喜びの声を聞くことができるのだがしかしそんな余力はなかった。「この道わが旅」を聞きながら悦に浸っていたら、ゲームが終わってしまった。世界一周すりゃよかった。しかしそんな後悔を全力ではねのけるこの達成感よ。他のドラクエだとエンディングを迎えると喪失感の方が強いのだが2に限っては圧倒的に達成感が勝っている。他を寄せ付けない難易度のせいなのか。とにかくクリアできてよかった。これでクッキーとマリアも浮かばれるだろう。別に死んでないけどね!

 

 

そうこうと長々書いているうちにドラクエ2のサントラを2周していた。びっくりでやんす。

ラスボスの曲の中でシドー戦の曲が一番好きです。

デーデーデーデーデデッデデーデー

デーデーデーデーデーデーデーデーデー(デーデーデーデデデッデーデー)

「デ」がゲシュタルト崩壊しました。

 

 

おわり

 

 

合計:5フザケタオセヨ!

 

※完全なる記憶で書いているので細かいところにミスがあるかもしれませんがご了承ください。