読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳.WEB

雑多なことを雑然と。

ハロウィンって知ってるかい?

今日はハロウィンですね。

 

昨今のハロウィンは非常に盛り上がっているみたいですね!仮装パーティーをやったり仮装パーティーをやったり仮装パーティーをやったり。仮装パーティーばっかじゃないか!ワシの知ってるハロウィンとなんか違う!ような気がする!

 

自慢じゃないですが私は小学校6年間英語教室に通っていました。英会話教室ではなく英語教室です。違いはちょっとよく分かりません。からの高1模試での英語が下から3番目は伝説です。英語教室に通っていた意味。

その英語教室では毎年ハロウィンが開催されていました。各々がオバケの仮装をして先生からお菓子をふんだくるのです。当時は今ほどゴテゴテした仮装はトレンドでなく、しかも思春期の小学生ですよ、「仮装なんか恥ずかしくてやってられんわい!」とまぁ普段と違う格好をするのが恥ずかしくてそもそも仮装をしたくないわけですよ。仮装するにしてもどこでアイテムを入手すればいいのかもわからないですし、もう手探り状態。自分で用意できなかったら先生から海賊の衣装を借りるしかないのです。

とにかく海賊は男子連中に大人気であっという間に売り切れることは目に見えています。「このままじゃ着るものがなくなっちゃうよぉ…はわわ」日本人らしい同調圧力と言いますか、一人だけ普段着は絶対に避けたいものです。逆に浮くわ。

何度も言うように当時はハロウィンも仮装もブームではありませんでした。あのころの子供たちは、黒いごみ袋(大)に穴をあけて、そこから顔を出して「魔女!」と言い張っていたものです。新聞で作った兜を魔女の帽子に見立てて「魔女!」っつって。落ち武者だろ。和洋折衷もいいところですね。それでも誰も「安上がりだね、ダサッ(笑)SNSで晒したろ(笑)」とは言いませんでした。なぜならゴミ袋魔女が当時のトレンドだったからです。「子供の仮装大会に金なんかかけてらんねーよ…」という親の本心が反映されていたのかもしれません。子供はかわいいけど、今ほど見栄を張るようなご時世じゃなかったからですかね。不況だったからな…(遠い目)

 

とりっくおあとりーと。おかしをくれなきゃいたずらするぞ!

 

言った記憶がありません。英語教室も仮装とお菓子を重視するあまり、ハロウィンの本来の定義を見失っていたのかもしれません。だっていまだに何の祭りかよう分からんし。秋の収穫祭でカボチャを祀るんでしたっけ?4月のイースターも流行るぞ流行るぞ言われていますが、日本人の何割がイースターの意味を知っているのか甚だ疑問でありんす。誕生祭だからな!イースターは誕生祭だからな!だから卵とウサギがモチーフなんだからな!ウサギは多産だからだぞ!卵隠してわーい楽しーってするだけじゃないからな!感謝するお祭りだからな!何に感謝するかって?!それは…!…イースターエッグのチョコ、流行ると思います(予言)。

 

そんなこんなでトリックオアトリート!

よいハロウィンを!

 

f:id:zakkityouweb:20161030165044p:plain