雑記帳.WEB

雑多なことを雑然と。

天体会議の補足

本を開いたときに、「あぁ、きれいだな」と思う文字列を書く作家の一人が長野まゆみさんです。パッと目に飛び込んでくる文字列だけで何となくこれから始まる物語の耽美さを表現しているのが何ともまた乙だよね。

自分は基本的に くっだらない内容を筆の走るままに書くのが好きなので文字列の美しさとかは特に考えないのだけども、こういう人の文章を読むと、パッと見のファーストインプレッションって大事だなぁと思います。

そもそも小説的なものを書くのがすげぇ久しぶりなわけよ。4年ぶりくらいな気がする。その久々に書いたものがオマージュっておま。おま。長野まゆみが大好きな方から「バカにしてんのか」と言われそうですが、僕も長野まゆみは大好きなので許してほしいです。『鳩の栖』とか至高。耽美耽美!

 

ゴリラの鼻くそは僕の故郷仙台にある八木山動物園で販売されている甘納豆です。この商品が発売された時は夕方のニュースにもなりまして、それはそれは町が盛り上がったんですよ。そうでもないかな。そうでもなかった気がしてきた。でも僕は盛り上がりました。「ゴリラの鼻くそってお前、なんで商品化したんだよ…。甘納豆って分かってても何かイヤだよ…」みたいな。結局買わなかったので味の詳細は分かりません。今も売ってるのかな?